カーテンウォール

■カーテンウォールとは?

別名『帳壁(ちょうへき)』と呼ばれるカーテンウォールとは、建築物の構造上、取り外しが可能な壁のことをいいます。建築物はそれ自身の重さや荷重を柱や梁・床・屋根などで支えますが、カーテンウォールはそういった荷重を直接負担していません。住宅でたとえると間仕切り壁のような存在。ですのでカーテンウォール(curtain wall = 幕のような壁)と呼ばれているのです。

 

■カーテンウォールのメリット

カーテンウォールは高層ビルなどの高層建築物で用いられることがほとんどです。元々建築物の外壁は柱や梁と同様に、荷重を支える役割を担っていましたが、建物そのものが大きく巨大化してしまうと、外壁そのものの重さを軽視できなくなります。

そういった問題に対する解決策として生まれたのがカーテンウォールです。建築物の荷重を支える構造は柱や梁によるもののみとし、外壁はそれらの構造物に張り付けるのみとする工法が開発されました。

またカーテンウォールを採用することで生まれたメリットはそれだけでなく、外壁重量の軽量化や、地震や台風などによる建物の歪みの影響も極力小さくするといった副産物まで生まれました。

カーテンウォールの工事ではそういった非耐力壁を鉄骨やコンクリートなどの骨組みに取り付ける作業を行います。ガラス張りの超高層ビルなどはカーテンウォールで造られていることがほとんどです。


▼カーテンウォールの特徴
・外壁そのものが構造体でないため、壁材の脱落やサッシの損壊が少ない
・コンクリート壁体の保護による耐久性の向上
・室内空間のデザイン性の向上
・室内環境の向上と省エネルギーの実現


▼業務内容のご紹介

▼ご応募・お問い合わせはこちら

【代表直通】080-5344-0008
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】京都府亀岡市を中心とした近畿圏内
【受付時間】8:00~17:00(日曜定休)

一覧ページに戻る